ふじの院生ブログ

就活が終わった理系大学院生のふじです。自分の体験や経験から皆さんの役に立つであろう情報を発信していきます。よろしくお願いします。

大学院に進学すべきか否か問題

f:id:fujifuji95:20190709173821j:image

 

大学生になると、その後の進路は就職か進学か、大きく二択に絞られると思います。今回は理系大学院に進んだ僕が、本当に大学院に進学すべきなのかについて僕の考えを述べる記事になっております。

 

僕は大学院に進学してよかった!!

僕は大学院に進んで良かったと思っています。

以下に理由を挙げます。

  1. 研究を継続できる
  2. 海外の学会に行けた
  3. 大手に就職できた
  4. 時間がある

 

1.研究を継続できる

基本的にどの大学も理系であれば、4年生のときに研究室に配属され、1年かけて研究をします。大学院に進まない人は、その後は基本的に就職です。つまり、学部卒だと1年間しか研究に携われないんです。1年というとだんだん研究内容が理解でき、言われたことだけではなく自分で考えて動くようになり、今から研究面白くなってくるなー!って時期だと思います。僕はそうでした。学部で就職するとそんなタイミングで研究室を去らなくてはなりません。正解のないことを突き詰める、自分の好きなことを突き詰める経験って、小学校からの学校生活を考えても、大学の研究くらいでしか経験できないのかなと思います。大学院に進むと、その研究を継続できる。これは大学院に進む1つのメリットかなと思います。

 

2.海外の学会で発表できた

僕は昨年、大学院1年のときにヨーロッパの学会に行くことができました。これが人生初海外!めちゃめちゃ楽しかったし、貴重な経験になりました。そもそも、海外の学会で発表ってなかなかできるものではありません。なぜなら、その分野の専門家たちの中でも、特にいい結果(新発見や、精度の高い結果など)を残さないと学会の発表者として選ばれないからです。例えるなら、海外の学会で発表することは、オリンピックに出場するようなもの(いい例えになってるかわかりませんが) 。これは、大学院に進んで、ある程度の時間をかけて研究に取り組まないと難しいことだと思います。

 

3.大手に就職できた

正直、大手に就職すればすごいとか、えらいとかそうは思いません。中小企業、ベンチャー企業でも素晴らしい会社はたくさんあると思います。しかし、就職の選考がより狭き門であり、優秀な人が集まりやすいのは大手のほうかなと思います。僕は大学院に進んだから大手に行けたと思っています。学部卒では無理でした。なぜなら、自分が就活を始める2年前から研究室の先輩方の就活を見て学んだり、先輩方に相談することができたからです。学部卒では、研究室に配属されてすぐ就活です。なかなか相談やアドバイスを貰うことも難しいです。あと、準備期間が少ない。学部3年生のときから、意識して就活の準備をすることは難しいのかなと思います。そういった意味で、研究室に配属されて、就活の準備の仕方を先輩方から学べたことは、自分にとって大きかったです。

 

4.時間がある

学生は社会人よりも時間はあると思います。長期休暇も春と夏の2回あります。その時間を有意義に使うことによって、社会人になってできないような経験、始めることが難しい経験、リスクのある経験が手に入ると思っています。僕は、最近この時間を使ってブログをはじめました。(笑)このブログが、学生時代の1つのいい経験になればと思っています。

 

 

でもやっぱりデメリットもある

 今までは大学院に進んで良かったことを書いてきましたが、デメリットもあると思います。

デメリット

  1. お金がかかる
  2. 就活成功するとは限らない

 

1.お金がかかる

もちろん進学すればその分、入学金・授業料などのお金がかかります。 決して安くはありません。大学生で奨学金を借りている人も多いですが、大学院でも借りるとなると返済に更に時間がかかります。

しかし、研究を頑張ってたくさんの学会で発表したり、論文を書いたりすると、奨学金が免除になる制度もあったりするので、しっかり調べ、学業に専念するとお金の負担を多少は軽減できるかもしれません。

 

2.就活成功するとは限らない

企業も採用する際に、学部卒よりも院卒をより採る傾向にあるのかなと、就活をしていて思いました。でも、必ずしも院卒が有利とも限らないし、僕の周りにもまだ就職先が決まっていない友達もいます。大学院に行ったから絶対いいところに就職できる、内定もらえるとは限りません。自分の努力次第です。

 

大学院に進学する目的を明確にし、時間を有効に使う

 僕は大学院に進んで良かったと思っているし、進学するか悩んでいる人には大学院進学を進めたいです。

でも、なんとなく進学する、まだ働きたくないといった理由で大学院に進学しても、大学院に進んだメリットは十分には得られないと思います。むしろ、学部卒で就職した方がいいかもしれません。

院に進学するなら、進学する目的を明確にし、その時間をどのように使うかを考えることで大学院の有意義な時間を過ごすことができるのではないかと思います。

 

 

 

まとめ

進学の目的と時間の使い方をよく考えて、進学すべし

 

最後おみくじの結果みたいなまとめになってしまいましたが、僕の考えはこれです(笑)

 

こんなに書くつもりはなかったんですけど、気づけば2000字いってました(笑)

ふー、疲れた(笑)

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

f:id:fujifuji95:20190709181530j:image

↑実験してる人

プライバシーポリシー お問い合わせ