ふじの院生ブログ

就活が終わった理系大学院生のふじです。自分の体験や経験から皆さんの役に立つであろう情報を発信していきます。よろしくお願いします。

【たった5分で評価が変わる!】インターンに合格してから参加するまでにすべきこと

スポンサーリンク

f:id:fujifuji95:20190819190137p:image

 インターンシップに合格し、参加するまでの期間皆さんは何をしていますか?

特に何もしていない方もいれば、スーツのクリーニングに行ったり遠方であれば荷造りだったり。いろんな過ごし方があるとは思いますが、この期間に5分だけ時間を取ってすべきことがあります。

 

 この5分の作業をすることでインターンシップが終わる頃には、会社に良い印象を与えることができ、かつ本選考の面接でも大いに役に立ちます。

 

インターンシップで他の就活生と差をつけるためにもぜひ最後までお読みください。

 

 

 

インターンに参加するまでにすべきこと

 

その会社のイメージをノートに書き出す

インターンシップに合格するにあたり、選考がある場合は多少の企業研究をしたかもしれません。そこで感じたその会社のイメージをノートに書き出してみてください。企業研究をしてない場合も、今自分が持っているその会社のイメージやホームページを一通り見て思ったイメージをどんなことでもいいのでノートに書き出してみてください。

例えば、「大手企業だからお堅いイメージがあるな」「上下関係厳しそうだな」「飲み会多そうだな」「ホームページ見た感じ、職場はアットホームだろうな」など。

これはあくまでイメージなので正解はありません。それに今の自分のイメージを言葉にするだけなので5分もあれば終わります。

 

ポイントは、プラスのイメージよりもマイナスなイメージを多めに書き出しておくこと。

理由は後で説明します。

次に、会社のイメージをインターンシップ参加前に書き出したほうが理由を3つ説明します。 

 

 

なぜこの作業をすべきなのか

 

1.参加前に書き出しておかないと最初のイメージを忘れてしまうから

インターンシップ参加前にイメージを書き出しておかないと、参加した後では正確にその会社に対するイメージを覚えていないからです。 参加後に思い出せたとしてもそれは、インターン参加後の印象が上書きされている恐れがあります。参加前の純粋なイメージは、参加前にしかわかりません。インターンシップ前日でもいいので、5分間の時間を取り、必ず参加前にノートに書き出しておきましょう。

 

2.会社の人が喜ぶから

 特に長期インターンシップでは最終日に社員さんの前で成果発表をする企業も多く、そのような場で「何が楽しかったか」「会社のイメージに変化はあったか」ということを聞かれます。そのときのためにも、インターン参加前に最初のイメージを書き出して整理しておくことが大切です。

また、「その会社のイメージはあまりいいイメージを持っていなかったけど、実際にインターンシップ参加して良いイメージに変わった!」といった内容を話すと、社員さんはとても喜んでくれます。これが先ほど述べた”プラスのイメージよりもマイナスのイメージを多めに出しておくべき理由”です。

僕は実際にこのような形で使いました。

「御社のインターンシップに参加する前は、大手企業ということもありお堅いイメージがありました。しかし、このインターンシップに参加して御社が時代の変化に柔軟に対応し、変化し続けていることを知り、入社したいという気持ちがより一層強くなりました。

これを成果発表の際に話すと、とてもニコニコしながら聞いてくれました。相手を良い気分にさせて損はないです。こちらもおもてなし精神?で相手を喜ばせましょう。

 

3.面接でも話せるから

 僕が本選考の面接のときに面接官からされた最初の質問が「インターンシップどうだった?」でした。迷わず、前述の”イメージが良い方向に変化した”という話をしました。ここでも面接官はニコニコしながら満足そうに僕の話を聞いてくれて、その後の面接の雰囲気も和やかでした。これが直接功を奏したかはわかりませんが、面接も合格しました。

そうです。会社のイメージを書き出す5分の作業をするだけで、本選考の面接にも使えるんです!これはやるしかないですよね!

また、本選考は面接が一次面接・二次面接と複数回行われることが多いですが、基本的に面接官は毎回違うので、どの面接でも同じ話が使えます。(たすかる~)

 

 

まとめ

インターンに参加するまでにすべきこと

 その会社のイメージをノートに書き出す

これをやっておくべきだということを僕は2回目のインターンシップで気づきました。

1回目もしとけばよかった~(笑)

ぜひ、インターンシップを控えている皆さんは今のうちからやってみてください!

長い目で見ても必ず役に立ちます。

 

とはいえ、「そもそもインターンシップに受からねーよ!」という方。

インターンシップ選考に今や必須になりつつある、エントリーシートの書き方のポイントをまとめています。ぜひ、参考にしてください。

www.fujinoblog.com

 

www.fujinoblog.com

 

また、エントリーシートを書いたり面接に臨むにあたり、「企業研究」はとても重要です。なぜ、企業研究が重要なのか、企業研究のやり方は?といった疑問にお答えしている記事がこちらになります。

www.fujinoblog.com

 

「インターンシップに落ちたー」という方。諦めるのはまだ早いです。次の行動次第で本選考の結果は大きく変わってきます。

www.fujinoblog.com

 

 インターンシップに参加中は目の前の与えられた作業だけこなしていればいいのか。そんなことはありません。

www.fujinoblog.com

 

 その他の就活記事はこちらになります。

気になる記事がありましたらぜひ一度お読みください。

www.fujinoblog.com

www.fujinoblog.com

www.fujinoblog.com

www.fujinoblog.com

www.fujinoblog.com

 

 今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

f:id:fujifuji95:20190819185836j:image

スマホで書いたスマホ

プライバシーポリシー お問い合わせ
スポンサーリンク